サッと出してパパっと料理♪ごちゃつくキッチン小物の整理術

あなたのキッチンは快適ですか?

Organize the kitchen

あなたのキッチンは快適ですか?
ゴミ袋やレジ袋、ポリ袋はごちゃつきやすく、収納に悩む一つでもあります。限られた空間にどのような配置で置けば機能的にお料理できるのでしょうか。

今回は特に、大きさも種類も様々なポリ袋攻略の一つにオススメなキッチングッズをご紹介します。 袋モノは、見えるところにクシャっと放置してしまえばあっという間に生活感が出てしまうし、でも無ければとっても困るモノ。

ポリ袋の意外な収納場所とは?

Eat comfortably

必要な時にパパっと出せて、普段は邪魔にならない意外な場所ってどこ? 

シンク下の引き出しだと取り出す手間が掛るし、奥に入り込んでしまえば出しにくい。お料理中で両手が汚れている時に取り出せないなどと考えると得策ではありません。そこで壁や冷蔵庫など3Dの収納先を考えてみませんか?

シンプルパッケージのポリ袋+専用マグネット

生活感なく、すっきりとキッチンに収納できてデザイン的にも主張せず馴染むモノなんてある?と思っていましたが、ありました!企業コラボによって作られた壁にくっつくポリ袋が!なるほど~。これならどこにあるか一目で分かるし取り出しやすい!

気になる使用方法は…?

・まずは取り出し口を開ける

・箱の底にあるマグネットバー挿入口を指で押して開ける

・開けた挿入口からくっつくんを入れる

・磁石でくっつくので平な所にもピタっ

・取り出し口からポリ袋を出して使用して下さい

壁にピタリとくっつくから収納場所にも困らないし、必要なときにすぐ取り出せます。デザインもミニマムにしているから生活感もなくスッキリと馴染みます。

家事導線を整えて、楽しくラクしましょ♪

事導線を整えて、楽しくラクしましょ♪
事導線を整えて、楽しくラクしましょ♪

ポリ袋は、ちょっとした食材を保存したり、肉や魚の漬け置き用にと、何かと毎日のお料理に大活躍してくれる欠かせない存在です。それに、使用頻度が高いものだからこそ、一瞬のイライラも回避したい。引き出しにしまうより壁にくっつけておく、そんなちょっとしたことからゆとりが生まれて、楽しくラクにお料理することが出来ますよ。

くっつくん
くっつくん

オルディ株式会社から発売されている「くっつくん」ぜひお試しを!

収納に関するオススメコラムを読む

ABOUTこの記事をかいた人

関西発信ラフスタイルメディア「TOIRO-PR」は、西宮・芦屋を中心に、自宅サロンや教室で活躍中のプロがビューティ、トレンド、ライフスタイル、フードなどライフスタイルに役立つ情報をコラムでご紹介しています。あなたのライフスタイルをもっと素敵にする情報をお届け!