ひと塗りのチークで毎日のメイクが変わる!小顔効果の裏ワザも♪

たったひと塗りで、いつものメイクがランクUP♪

いつものメイクを変えるチークの使い方

メイクにおいて、チークはとても重要。入れる位置や使う色味によって、顔をシャープにみせたり、可愛く見せたり。小顔効果もある、実は使える脇役なんです!
チークを入れるだけでメイクがランクUPするなら、使わない手はないですね♪

ポイントは、お肌からにじみ出るような血色を出していくこと。
まずは、自分のチークゾーンを確認しておきましょう。
ほお骨の下の凹んでいるあたりが横顔のチークラインになります。
そして、笑った時に一番高くなる部分が正面のチークポイント。ここからスタートしていくのがベストです。

そして裏ワザ!ブラシの方向と力加減を調整して、あご先にチークを入れると、小顔効果も♪

これであなたもメイク上手?!チークの入れ方&選び方

チークの入れ方&選び方

【HOW TO】チークの入れ方

①笑った際に、頬が一番高くなる位置からスタート。ブラシを寝かせて力を抜き、こめかみに向かってさっとぼかします。こうすることでリフトアップ&アンチエイジング効果も!

②①の位置からブラシの毛先を使って半円を描くように丸くぼかします。

③ちょうど良いと感じる色味になるまで、①と②を繰り返します。もし濃くなったら、スポンジでぼかしましょう。

④最後にブラシに少し残ったチークをあご先、フェイスラインになじませます。

チークの色の選び方

使うチークの色をチェンジして、なりたいイメージに仕上げてみて!

ほっそりした顔の印象にしたいなら、ブラウンカラー。
お肌を健康的&キュートに見せたいなら、ピンク系。
お風呂上がりのようなセクシーさを演出したいなら、いつもより赤みの強い色。

洋服みたいに毎日チェンジ!チークの使い分けでメイクを変える♪

チークの使い分け

チークはパウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプの3種類があります。
パウダータイプは柔らかな発色で、もっとも使いやすいタイプと言えます。
クリームタイプはしっとり保湿力が高く、発色が良いのが特徴。お肌の内側からにじみでるような血色感が魅力的で、ツヤ感もバッチリ!
リキッドタイプはさらっと伸びがよく、みずみずしく透明感が高いタイプ。もっとも自然で肌馴染みが抜群です。

いろいろな質感のチークがあるので、ぜひ試してみて!洋服を替えるように、チークもイメージに合わせて替えてみてください。
お顔の印象が変われば人生も変わります。メイクにはそんな力もありますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社blanche(ブランシュ)代表取締役社長、総合プロデューサー。眉美師、メイクアップアーティスト。 自分の眉へのコンプレックスからメイクの研究を始めたのがきっかけ。“艶”のあるメイクを得意とし、プライベートサロン“BLANCHE”では「コンプレックスを好きに変えたい!」と幅広い年齢層の女性のメイクレッスンなどをしながら、セミナー講師、イベントのヘアメイク、コスメのプロデュース、眉美師コラムでの情報発信など、多方面で活躍中。