【知っておきたいネイルアート用語まとめ】ネイルパーツ編

ネイルサロンでの「困った!」を解決♪

ネイルパーツ

ネイルサロンで、どんなアートやデザインにしようか、考える時間って楽しいですよね♪
ネイルの画像を見つけておいて「こんな感じにして!」とお願いしたり、サロンのキャンペーンのデザインを選んだり…オーダーの仕方はいろいろだと思います。

でも手元に画像がない時、「前に見たあんな感じにしたい…」というオーダーをきちんと伝えられていますか?

サロンでオーダーに困らない、ネイルアートのパーツ用語をご紹介します。

「アートホイル・フィルム」

オーロラフィルム

シルバーやゴールドのメタリックカラーや、レインボーやマーブルになっているモノまでバリエーション豊富!
未硬化ジェルの上にこのフィルムを貼ると、そのカラーや柄が写るというものです。

ただペタペタするだけでアートになってしまう、簡単でオシャレなアイテムです。

同じように貼っても、力の加減や位置で絶対に全く同じデザインにはならない! というのが、このフィルムの面白いところです。

「クラッシュシェル」

クラッシュシェル

夏のデザインによく合うクラッシュシェルは、カラーもたくさん!長細いパーツを割って乗せていくから、同じデザインにならないところがいいですよね!

「ホログラム」

ホログラム

マルやハートなど形もいろいろで、色のバリエーションも豊富!小さくてキラキラしたホログラムは使い方でいろんなアートが楽しめます。
でこぼこしていないパーツなので、ナチュラルなネイルと同じ感覚でつけることができます。

「ラインストーン」

ラインストーン

ラグジュアリー感を出してくれるラインストーンは、大きさや形、色もさまざま。
ちょこっと乗せるだけでもかわいいし、埋め尽くしに使うのも◎!

「Vストーン」

Vストーン

立体的なラインストーンのこと。裏側の接着面が埋め込みタイプのVになっているところからVストーンと呼びます。

元々、アクセサリー用のパーツなのですが、平面のストーンでは物足りなくなり、使ってみたらトップコートをしないので、輝きがそのまま生かすことができ、しかも数倍綺麗なので定番化されています。

きちんとカバーすれば全く取れないので、立体的で高さもありますが、日常生活では意外に支障はありませんよ。

「ストーン埋め尽くし」

ストーン埋め尽くし

ラインストーンやVストーンなどで、隙間なく埋めるデザインです。
ポイントで1本の指だけにしてもいいし、キラキラ感が好きな人はたくさんの指でやっちゃいましょう♪

「アクアリウム」

アクアリウム

こちらはネイルの中に液体が入っていて、スノードームのように中のラメやパーツなどが動くものです。
小さな世界観がぎゅっと閉じ込められていて、かわいいですよ♪

▼合わせて読みたい!ストーン使いがかわいいネイリスト武藤さんのネイルデザイン

シンプルカラー&ワンポイントの秋ネイルデザイン
秋ネイルにおすすめ♪人と差がつく大人の赤ネイルの楽しみ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA