低体温は肌トラブルの原因にも!女性が体を温める7つのメリット

女性の天敵は低体温?!体を温めると嬉しい効果が♪

女性が体を温めると美肌効果が上がる?!

女性は冷え症な人が多いですよね。
これから夏にかけては、薄着で出かけたり、冷房の効いた場所で長い時間過ごしたりすることが増えてくるのではないでしょうか。

でも忘れないでほしいのは、お腹や腰を温めてあげること。
なぜそこまで「温めること」にこだわるかというと、実は生理不順や不妊、お肌にも関わってくる大切なことだからです。

体温が上がる7つのメリット

体を温めるといい!7つのメリット

体温が1℃上がるだけでも、体にいい効果が表れると言われています。

①免疫力が50~60%上昇し、イボやニキビなどを防いでくれる効果が期待できます。

②血行が良くなり、シワや毛孔性角化症(もうこうかくかしょう)と呼ばれる二の腕にブツブツなどができる皮膚疾患を防いでくれる効果が期待できます。

③血流がよくなると筋肉の修復がスムーズになり、筋肉量が増えてお肌のたるみやシワにも嬉しい効果が期待できます。

④ホルモンの分泌がよくなり、肝斑などを防ぐ効果が期待できます。

⑤酵素の活性化が高まり、アンチエイジングにも効果的です。

⑥自律神経のバランスが良くなり、毛穴、ニキビ、肝斑、肌荒れなどに効果的です。

⑦血液量が増えて内臓の働きが良くなり、脳内の血行も良くなるため、記憶力の低下や痴呆症の予防に繋がります。

夏でもお腹や腰は温めて!

体を温める方法_半身浴をする女性

冷房の効いた室内では、羽織るものを持っていって少しでも冷えを防いでください。
帰宅後にゆっくりと半身浴するのもおすすめです。

さらに、お腹や腰を温める方法もたくさんあります。

カイロを丹田(おヘソから3~5センチ下あたり)、仙骨(お尻の割れ目のすぐ上あたり)、この2箇所をサンドイッチするように貼ります。
お肌への直貼りではなく、インナーの上から貼るようにしてください。

また、ナプキンも冷えの原因のひとつになる場合があります。
一番いいのは布ナプキンですが、難しい場合は塩素系漂白剤不使用、または高分子吸収剤不使用のものを選んでみてください。

女性は体を、特にお腹と腰は温めすぎるほど温めて、キレイなお肌と健康をキープしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

掛水良子

合同会社KR美仁康 代表取締役、美肌再生専門サロン《らく美silhouette》梅屋敷駅前店オーナー。beauty&health laboratory認定セラピスト、アトピー性皮膚炎研究会学士、日本メディティアン協会認定技術者など、美容ディプロマ多数保有。 女性の肌トラブルの根本的ケアを目指し、スキンケアアドバイスはもちろん食の安全、ライフスタイル、メンタルハビットまで幅広くサポート。サロンオーナーのかたわら、美容セミナー講師や人材育成、オリジナル化粧品の開発やメディアでの情報発信など多方面で活躍中。